09 Jun 22

IngenicoはFintech Pundi Xと提携し、世界中で暗号取引を可能にします

Text

シームレス・ペイメントのグローバル・リーダーであるIngenico Group (Euronext: FR0000125346 - ING) とシンガポールに拠点を置くFintech Pundi Xは、Pundi Xが同社のPOSデバイスAPOS A8とXPOSソフトウェアの統合を完了し、暗号決済のグローバル導入における大きなマイルストーンを発表いたしました。

ingenico pundi
Text

ブロックチェーンを活用した決済の円滑化

今回の提携により、Androidで動作するIngenicoのポータブルPOSソリューションであるAPOS A8を使用している世界中の加盟店は、様々な暗号通貨を支払いオプションとして受け入れることができるようになり、ブロックチェーン技術を活用したより安全でシームレスな取引体験を消費者に提供できるようになります。

「我々は世界最大級の決済業界リーダーと提携できることを光栄に思うとともに、興奮しています。Pundi Xは、世界で最も広く販売されているAndroid決済デバイスであるAPOS A8を活用し、多くの主要市場でIngenicoのグローバルサポートの恩恵を受けることができます」と、Pundi Xの共同創設者兼CEOであるZac Cheahは述べています。「IngenicoのAPOS A8デバイスで暗号決済が可能になることにより、暗号通貨とブロックチェーン技術がさらに多くの人々にアクセスしやすくなることは間違いありません。」

Ingenico Groupのアジア太平洋地域担当上級副社長のMarcus Lowは、次のように述べています。「Ingenicoは、取引プロセスをさらに改善するイノベーションを常に探求しており、Pundi Xが販売拠点でブロックチェーン技術を使用することは、まさに革新的だと考えています。」また、「このパートナーシップは、決済の未来に備え、暗号通貨を信頼できる決済オプションとして世界中のクライアントや顧客に紹介するための素晴らしい方法となります。」

成長するブロックチェーンコミュニティにシームレスな暗号決済を提供

Ingenico POS端末にXPOSモジュールをインストールすることで、加盟店はBTC、ETH、BNB、XEM、DGX、DAI、ENQ、KNC、KCS、FX、QTUM、NPXS、NPXSXEMなどPundi X決済エコシステムに属する様々な暗号通貨で取引を処理できるようになります。

IngenicoのAPOS A8ソリューションで取引する場合、XPOSモジュールを搭載した加盟店や暗号トークン保有者は、XWalletモバイルアプリやPundi Xの暗号決済を促進する物理的多通貨暗号カードXPASSカードを通じて直接取引できるようになります。POSデバイスは、小売店での法定通貨と暗号通貨の変換レートを自動的に提供し、シームレスでスピーディーな暗号取引体験を可能にします。

Pundi XのXPOSソフトウェアソリューションは、世界中の主要な市場で、すべてのIngenico APOS A8デバイスに導入することができます。

Ingenicoについて

Ingenicoは、決済承認ソリューションのグローバルリーダーです。加盟店、銀行、アクワイアラー、ISV、ペイメントアグリゲーター、フィンテックのお客様から信頼されるテクノロジーパートナーとして、ワールドクラスの端末、ソリューション、サービスは、決済承認のグローバルエコシステムを実現しています。45年の経験を持つインジェニコのアプローチと文化にはイノベーションが不可欠であり、世界中の商取引の進化を予測し、その形成に貢献する大規模で多様な専門家のコミュニティを刺激しています。Ingenicoでは、信頼とサステナビリティをすべての行動の中心に据えています。

プレスコンタクト

Elena Chadaigne, Global Head of External Communications

T +33 6 80 58 27 62

E [email protected]

newsletter
最新情報

Ingenicoの最新ニュースをお届けします。

contact us
ご質問やご意見はございませんか?

下記のリンクからメッセージをお送りください。できるだけ早く返信いたします。